婚約の方法

婚約をするという意味、仕方など、意外とはっきりしていないようです。もちろん婚約というのは、2人が婚約したと思えば婚約したことになります。そもそも婚約の意味から考えてみましょう。婚約とは結婚の約束を交わすことを言います。そのためプロポーズをして、相手がokを出したということで成立します。プロポーズは男性からがほとんどですが、別に女性からでも関係なく成立します。2人だけでも当然成立しますが、周りの人に知らせることで、より確実なイメージがあるかもしません。

しかし婚約したことを、周りの人にハガキなどで知らせることはあまりないようです。日本では婚約として家族間で行う結納というかたちがあります。しかし現在は結納をしないカップルもとても増えており、昔のような堅苦しいこだわりの多い結納ではなく、両家の家族で食事会をする程度の場合も多いのです。もちろんカップル2人だけで回りが一切介入しなくても婚約したことには変わりません。

結納のときに婚約指輪を男性から女性に渡すこともありますが、これも特に決まりはありません。プロポーズをするときに婚約指輪を渡すという場合もあり、他にもプロポーズの返事をもらってから2人で購入するという場合もあります。このように婚約指輪は結婚前に渡すという程度しか決まりはないのです。細かく言うと婚約しても婚約指輪が必要だという決まりもないのです。そしてもし結婚が破棄になったとしても、婚約をしたからと言って結婚しなければならないという法律もありません。そのため婚約していて結婚まで進まなかったというカップルもいるのです。