上手に聞きだそう

婚約指輪について、プロポーズのときに渡されたい女性と、やはり自分の好みの指輪が欲しいので一緒に買いに行きたいという女性がいます。でも自分の彼女がどちらを重視しているのか、男性は意外と分からないもの。当然、現実派の女性は後で購入した方が良いだろうし、ロマンチックな女性ならプロポーズのときに渡す方がいいのではないかという想像はできます。しかしだからといって、それが確実ではありません。せっかくなら女性が喜ぶ渡し方をしたいのが、男性の気持ちではないでしょうか。

でもズバリ聞いてしまうのも……。そのため彼女の気持がどちらなのか、なんとなく聞いておきましょう。例えば誰かの婚約のときの例え話などで、婚約指輪はどんなシチュエーションでもらいたいかなどリサーチしておきましょう。意外とロマンチックだと思っていた女性が、自分の好みの指輪を選びたいと思っていることもあり、逆に現実的な女性が、それだけはとてもロマンチックな理想を持っていることもあります。

しかし特に最近は、結婚指輪と婚約指輪の二つのデザインが一体化した物が増えています。結婚指輪と婚約指輪の一体化したデザインは、一緒につけたときにとてもおしゃれで、豪華に見えるため人気なのです。そのため婚約指輪を結婚指輪と一緒に選ぶカップルが増えています。


婚約指輪の渡し方

婚約指輪の渡し方について、悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。婚約指輪の渡し方には特に決まりはありません。しいて言えば結婚式の前には渡しておきたいと言えるのでは? しかし女性は婚約指輪をはめて、婚約時代を楽しみたいと思っている傾向があります。そういう意味では婚約をしたら、早く婚約指輪を渡したいものです。

婚約指輪を渡す時期は人生の中でも最高に幸せな時期かも知れません。そんなタイミングを大切にしたいなら、婚約指輪もすてきなシチュエーションで渡したいものです。そこでプロポーズをするタイミングに婚約指輪を渡すという場合も。他にもプロポーズをしてokをもらったら、すぐにして渡すというパターンもありますが、その場合は女性と一緒に婚約指輪を選んで男性が購入するというパターンがほとんどです。

女性が思う希望の婚約指輪の渡され方は2つ、女性によっても違います。現実的な女性は、やはり今後自分の指輪になるので、自分の好みの指輪が欲しいという気持が強く、一緒に選びたいというタイプ。ロマンチックな女性なら、やっぱり婚約指輪を渡され突然のプロポーズというシチュエーションが理想ではないでしょうか。どちらがいいかは、男性が彼女の性格から想像して決めるといいでしょう


婚約の方法

婚約をするという意味、仕方など、意外とはっきりしていないようです。もちろん婚約というのは、2人が婚約したと思えば婚約したことになります。そもそも婚約の意味から考えてみましょう。婚約とは結婚の約束を交わすことを言います。そのためプロポーズをして、相手がokを出したということで成立します。プロポーズは男性からがほとんどですが、別に女性からでも関係なく成立します。2人だけでも当然成立しますが、周りの人に知らせることで、より確実なイメージがあるかもしません。

しかし婚約したことを、周りの人にハガキなどで知らせることはあまりないようです。日本では婚約として家族間で行う結納というかたちがあります。しかし現在は結納をしないカップルもとても増えており、昔のような堅苦しいこだわりの多い結納ではなく、両家の家族で食事会をする程度の場合も多いのです。もちろんカップル2人だけで回りが一切介入しなくても婚約したことには変わりません。

結納のときに婚約指輪を男性から女性に渡すこともありますが、これも特に決まりはありません。プロポーズをするときに婚約指輪を渡すという場合もあり、他にもプロポーズの返事をもらってから2人で購入するという場合もあります。このように婚約指輪は結婚前に渡すという程度しか決まりはないのです。細かく言うと婚約しても婚約指輪が必要だという決まりもないのです。そしてもし結婚が破棄になったとしても、婚約をしたからと言って結婚しなければならないという法律もありません。そのため婚約していて結婚まで進まなかったというカップルもいるのです。